FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時を越えて

産庵の店内の梁は古いお屋敷のものを使っています。
ちょうど店舗を建てる少し前にその家の解体があったそうでタイミング良く私共のところへ来てくれました。

時を越えて2

店舗をOPENして間もない頃、左側のご夫婦が来店されこの梁に書いてある棟梁や持ち主の名前をご覧になりびっくりされていました。
”私の家の近所の人たい!”と。
もうここに書かれている方達はとっくの昔に亡くなられているのですが、そのお孫さんにあたられる方達(と言ってももうかなりご高齢の方らしいのですが)はまだご健在との事でした。

すると、先日ひょっこりまたご来店いただきその建て主のお孫さんを連れてきてくださったのです。

”いつか連れってってやるて言うて、こがん遅なってしもうた”

そうおっしゃるとそのお孫さんも感慨深げに梁を眺めていらっしゃいました。

”私の代で家を崩したけんじいさんが怒っとらすどと思うておりました。でもまたここで立派になっとって良かったぁ。安心しました。”と。

このご縁にびっくりするやら嬉しいやらで少しお話を聞かせていただきました。
大きく立派な梁でしたのでさぞかしお家も相当なものだと思っていましたが、当時この梁は木造の三階建てだったそうです。

良い物は時を超えてまた甦る。
これからも大切に使わせていただきます。
このご縁に感謝いたします。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。