スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

涙雪

昨日のお昼を過ぎた頃から雨は雪へと変っていきました。
重たく湿っぽい大粒の雪でした。
見る見る間にあたりは真っ白に雪化粧。



いつも私を妹のようにかわいがってくれる姉のような存在の方がいます。
いつもいつも私のお世話をやいてくれてただただ甘えるばかりでした。
先日その方のご主人が急に天国へ旅立たれました。
あまりに突然の事に驚くばかりでかける言葉もみつかりませんでした。
その方の家に駆けつけてみると、この世に魂は無い。そんな様子でした。

普段は意志が強い方で、花を活けても文字を書かれてもその芯の太さがはっきりと作風に現れる。そんな方です。
それから数日たってある別の方がそのご夫婦の思い出話をされました。
ある朝ふと見かけられた光景だそうです。
出かけられるご主人に向かって微笑みながら投げキッスをされていたと・・・
とても仲が良かったのは知っていましたが、それを聞いて胸が締め付けられる思いでした。

つらい日々を送られていると思います。
何もしてあげられない自分がもどかしいです。
悲しみが癒される日が少しでも早く来るようお祈りしています。

涙雪。
そんな言葉があるのかわかりませんが、この雪を見ているとふとその言葉が頭をよぎりました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。